交通事故

交通事故被害による慰謝料賠償金後遺症(後遺障害)保険金示談等に関する無料法律相談・事件のご依頼について

・交通事故の被害に遭い怪我を負ってしまった。

・交通事故による怪我で後遺症が残ってしまった。

・大切な家族を失う死亡事故に遭ってしまった。
交通事故
車社会において、残念ながらこのような交通事故の被害に遭われる方は毎年相当数いらっしゃります。

交通事故の被害に遭われた際、「呈示を受けた保険金額が低いと思う。」、「妥当な慰謝料の金額を知りたい。」、「保険会社が治療を打ち切ったがまだ治療を続けたい。」、「後遺障害の等級について相談したい。」、「保険会社の人と話したくもない。」といった疑問やご希望をお持ちの方は、弁護士法人ATBの弁護士にご相談ください。

初回法律相談は無料となっております。

1.交通事故発生から
      解決までの流れ
交通事故によりお怪我をされた場合、解決に至るまで、①交通事故発生、②治療(通院・入院)、③症状固定、④後遺障害の等級認定、⑤保険会社との示談交渉、⑥示談成立という流れが一般的です。

①から⑥のいずれのタイミングにおいても、法律の専門家である弁護士によるサポートを受ける必要性が高いです。

特に、「⑤保険会社との示談交渉」の段階において、弁護士が介入するのとしないとでは、最終的にお受け取りになられる保険金額が2倍近い差が生じるケースもございます。

その説明だけを聞くと、その段階から弁護士に相談すればいいと感じるかもしれませんが、保険会社との交渉を有利に進めるために、どのような診断書を書いてもらうか、どのような検査をしてもらうべきかなど初期段階から弁護士のサポートを受けたほうがいい結果となる場合が多いです。

むち打ちのケースだけでなく、高次脳機能障害などの病気については、適切な検査を受ける必要があります。

そのため、交通事故にあってけがをした場合には必ず一度弁護士に相談されることをお勧めしております。
2.弁護士費用弁護士法人ATBは、初回の法律相談を完全無料で行っております。

また、具体的な事案によっては、着手金のご負担なく受任させて頂ける場合もございますので、まずはお気軽にご相談にお越しください。
① 弁護士費用特約の利用

ご契約されている任意保険に「弁護士費用特約」を付帯させている場合、弁護士費用については、保険会社からお支払いを受けることができます。

そのため、まずは、ご契約されている任意保険に「弁護士費用特約」が付帯されているかについてご確認ください。
また、自動車に乗っていなく、自転車や歩行者として被害にあった場合や、家族が契約している保険でも「弁護士費用特約」が使える場合があります。
② その他の場合

弁護士費用特約の利用をされない場合、ご依頼に関しては基本的には通常の民事事件と同様の弁護士費用となります。

しかしながら、過失割合に争いがない事案において、「保険会社から既に支払金額の呈示を受けているがその金額に納得がいかない」という場合、弁護士の介入により保険会社より支払われる保険金額が増額する可能性が極めて高いです。

そのため、弁護士法人ATBでは、具体的な事案に応じて、着手金のご負担をなくし、「保険会社より呈示されている金額と交渉後の示談金額との差額に対する20%(税別)」を弁護士費用とする完全成功報酬型により受任させて頂いております。

例)
「保険会社の当初提示額50万円」、「交渉後の示談金額150万円」となった場合、差額100万円に対する20%である20万円(税別)のみを弁護士費用として頂いております。
弁護士費用に付きましても、ご相談時に丁寧にご説明させて頂きますので、
まずは、無料法律相談にお越しください。
料金表
弁護士費用特約利用 弁護士費用特約利用により弁護士費用300万円まで無料
弁護士費用特約利用しない場合 着手金  原則0円(事案によります。)  報酬15%~25%
注意事項 ※ 実費は別途初回にかかります。
※ 裁判所の場所によっては別途日当がかかります。
※ 出張を伴う場合は別途日当がかかります。
※ 全て税別料金です。
無料相談後にかかる弁護士費用の料金表一覧はこちらから
弁護士バッチ 弁護士法人ATB山梨事務所 ~ 山梨の地域に根ざした法律会計事務所 ~
〒400-0053 甲府市大里町680-3
☎ 055-242-2600    FAX:055-242-2601
  • 法律と会計の両方を専門的に扱うことのできる法律事務所であり、会計事務所です。

主に、山梨(甲府・笛吹・山梨市・南アルプス市・中央市・甲斐市・甲州市・韮崎・都留・大月・北杜・富士吉田)をホームグラウンドとして活動しています。

その他の地域でもかまいませんので、ご相談ください。